旧貸金業規制法における行政の怠慢

2006年1月の過払い金に関する最高裁判決については誤解されている面が多い。
ほとんどのマスメディアでは、この判決により「グレーゾーン金利を裁判所が否定した」と報道していたが、本質は間違っている。
実際の判決内容はグレーゾーン金利の否定ではない。
「グレーゾーン金利が有効な利息と見なされるための要件の厳格化」である。

カテゴリー: グレーゾーン金利 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。